月極駐車場のオーナー

月極駐車場のオーナーになる場合の注意点についてご紹介しましょう。
月極駐車場のオーナーになるということによって、さまざまな人と関係するためにいろいろなトラブルもあるでしょう。
しかしながら、トラブルはアパートや借家の管理よりは少ないと考えられるため、楽になるのではないでしょうか。


借り主から見れば、月極駐車場を借りている人がいつでもその駐車場を自由に利用できるようにする責任があるでしょう。
月極駐車場をイベントが開催されたり、駅に近かったりするようなところに借りている場合には、関係ない人が空いているということで車を平気で停めて、借りている人自身が帰ってきた場合に駐車できないというようなことが生じる場合があります。


このようなことから、月極駐車場のオーナーは、車が傷つけられた、車が壊れたなどというようなクレームのみでなく、いつでも駐車場を借りている人が自由に駐車できるような環境にすることも大事でしょう。
例えば、見回りを頻繁に行うとか、監視装置の設備を設けるなど、設備についても配慮することが必要になってきます。
月極駐車場を借りている人とトラブルが生じないようにするために、一切駐車場内での事故は責任を負いませんと掲示しておくことによって少し責任が回避できます。


また、契約を車庫証明のためのみにするような人がいるため、契約前に解約は最低6カ月間はできないと伝えておくといいでしょう。
本サイトでは、獲得できる収入、月極駐車場の税金、自宅の敷地を利用、についてご紹介します。


※注目情報
都内で空きのある月極駐車場を検索できるサイトです ⇒ 月極駐車場 検索